親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

いよいよ小中学校再開します

私が暮らしている地域では緊急事態宣言が解除され、再来週からは公立小中学校も再開します。長かった休校期間もようやく終止符が付きそうです。

 

今後の学校の流れ

始めの1週間は準備期間とし、週2回の登校日があり、中学校に関しては2時間だけですが授業もあります。小学校は、宿題の提出と学活のみです。

 

2週目からは通常登校で授業も再開されますが、午前の3時間のみで給食は無し、帰宅後自宅で昼食・家庭学習となります。

 

給食の再開は6月からの見通しです。

 

中学校の部活動も6月から再開をされるようですが、当面の間校内だけでの活動となります。大会やコンクールなどの参加はできません。

 

児童クラブ

休校中でも児童クラブ自体はやっていました。しかし、家庭で過ごすことのできる児童は自粛を要請されていました。我が家は中学生の上の子ちゃんが一緒に過ごしてくれるので4月5月はほとんどお休みをしていました。

 

児童クラブの費用の返金は?

4月の20日以降の利用料は返還されると通達されていましたが、4月末は通常通り児童クラブの代金の引き落としがされていました。市の関係のものは大概いったんはお金を徴収しますので、後ほどまだ返金になるとは思いますが、約1か月たった今現在、まだ返金されていません。「いつ頃返金します」という情報もありませんので、まだ2~3か月はかかるのかなと思っています。

 

ちなみに児童クラブは利用料が先払いなので、形式上は利用を全くしていない5月分の支払いを済ませている状態であるのです。

5月分も自粛した分は返金の対象となりますので、数か月後にはまるっと戻ってくるはずです。…もしくは次月の利用料と相殺…かもです。

 

課題が山積み

入学・進級してからまだまともに授業を行っていません。オンライン授業をやるかやらないかアンケーはきましたが、いまだその話は宙に浮いています。

休みの間に週1回程度の登校日がありましたが、その時に出される課題は「今年度の学習内容」であり、中学生の上の子ちゃんは何とか教科書を見ながらこなすものの、小学2年生の下の子くんは問題に使われている漢字が読めなくて(習っていない漢字のため)問題を読むことから四苦八苦していました。

私自身はありがたいことに毎日仕事でしたので、夜の短い時間しか学習を見てあげることができません。学校の先生張りに教えていかないと子どもが課題をこなせないのです。低学年の子を持つ親は宿題を見るだけでもかなりの労力を使います。

 

そしてやはり親は「勉強を教えるプロ」ではありませんので、課題として出した範囲は学校の先生にはフォローをしてもらう必要があります。

「お家でやったから学校ではやりません。」とならないようにしてほしいものです。

 

さいごに

これまでにない長い休みを子どもたちは経験しました。しかもなにも楽しみのないただ家にいる長い休みです。きっと心のケアを必要としている子もいるかもしれません。それに、いまだ緊急事態宣言が解除されていない地域もあります。

これまでの学習の遅れを取り戻してほしいと感じますが、あまり駆け足になりすぎないように、一気に詰め込み過ぎないように、計画的にゆとりを持った無理のない授業を行っていってもらいたいと思います。