親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

規模縮小の卒業式

f:id:metarumama:20200318155229p:plain

上の子ちゃん、ついに小学校卒業の日を迎えました。

 

コロナウイルスの影響もあり、2~3回の練習のみで、規模縮小という形で式をおこないました。

 

 

卒業式 参加者

  • 卒業生
  • 卒業生の保護者(2名限定)
  • PTA会長(来賓代表)
  • 教職員
  • 在校生代表(1名)

 

在校生からのビデオレター

本来なら参加予定であった在校生代表の5年生からは、ビデオレターが届いていました。卒業生に向けたお祝いの言葉と、歌が収録されていました。

 

卒業証書授与

f:id:metarumama:20200318155141p:plain

コロナウイルスが騒がれている日々ですが、校長先生の計らいで、ひとりずつ授与していただけることになりました。

直前まで「代表者数人がもらうのでは?」と思っていたので、一人1枚手渡しでいただけたことに驚きました。

 

卒業生の言葉&歌

たった2日の練習しかなかったのですが、とても立派にしっかりとした口調で話すことができていました。

歌も、短い練習時間でしたがそれを感じさせないくらい完成度が高く、子どもたちの力を目の当たりにしました。

 

校長先生祝辞 PTA会長祝辞

今回はコロナの影響で、「来賓はなし」PTA会長が来賓の代表として参加してくれました。ですので、祝辞もこの2名からのみであり、他の方は電報で対応をされていました。電報の紹介も省略され、後ほど印刷されたものを一人ひとりいただきました。

 

式終了後

1時間ほどで卒業式はあっけなく終了し、各クラスへ…。

上の子ちゃんの学年は3クラスありますが、クラスごとの個性が出る最後の時間となりました。

 

1組

上の子ちゃんが在籍するクラスです。先生からの1年間のお礼の言葉があり、その後

最後の「絵本の読み聞かせ」をしてくれました。

え??6年生にもなって読み聞かせ??と思われるかもしれませんが、上の子ちゃんのクラスでは割と普通ことなのです。時々先生が本を読んでくれていたそうです。(勿論内容はそれなりに年相応なものですが)

 

2組

先生は感極まって大号泣で、最後の活動時間は全く進まず‥‥。といった感じでした。

 

3組

クラス全員が円陣を組んで、何やら掛け声をかけていました。まるで運動会のようで…。THE体育会系って感じでしょうか。

 

2組が普通ですね‥‥1組3組独特でした(笑)

 

写真撮影

卒業式の集合写真をクラスごと撮りました。

名簿番号順に前から順に並んで写真どりをすることになったのですが、上の子ちゃんは入学式とまったく同じポジションで、校長先生の隣でした(笑)(ちなみに今年度入学した下の子くんも入学式の集合写真は校長先生の横であり、どうやら我が子たちはそのポジションに縁があるようなのです。)

 

解散後 

集合写真を撮り終わったクラスから解散になるのですが、子どもたちはお友達同士しばらくワイワイしていました。仲良しの子たちと集まって写真を撮ったり、担任の先生を捕まえて一緒に写真を撮ってもらったり…。各自楽しい時間を過ごしていました。

 

卒業式の衣装

今回、気になったのはやっぱり「衣装」です。

 

男の子

男の子は、上下スーツの子がほとんどでした。全員がネクタイを締め、一部の子が上着の代わりにニット製のVネックのカーディガンのようなものを着て参加していたくらいでした。

 

女の子

年々袴の子が増える中、今年ははどうなんだろうと思っていたのですが、「袴」を着てきた子は、ほんの数人だけでした。97%の子はかわいらしい上下おそろいのスーツで、上着が黒っぽいもので、スカートがチェック柄の子が多かったです。

上の子ちゃんは、グレーの上着に青系のチェックのスカートの組み合わせでしたので、比較的集団の中では目立つ配色となってしまいました。

おかしくはなかったし、変に浮いたりはしていなかったのですが、卒業式となると、やっぱり黒系の上着を選ぶ人が多いみたいですね(;^_^A

 

上靴

「卒業式にはきれいな上靴を…」と学校から言われていましたので、みんな中学校で使用する真新しい上靴を卒業式に履いてきていました。

中学校での学年カラーの入った上靴を履いての卒業式…。なんだか気分がピシッとしちゃいますね。

 

さいごに

f:id:metarumama:20200318155359p:plain

全国の中には、「卒業式」をおこなえなかった学校もあると思います。

規模を縮小して何とかおこなったところもあると思います。

ですが、きっと子供たちの心の中には「コロナウイルスが流行った中での卒業」という思い出はしっかり残ると思います。当たり前のことが当たり前ではないことの方がいつまでも記憶に残っていくのではないかと思います。

コロナウィルスが蔓延して行っていることは残念ではありますが、そのことがあったから記憶から離れない卒業式となれば、これはラッキーなのかもしれませんね。