親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

元夫は一人暮らし未経験!それはゆがんだ金銭感覚によるものだった!

 これは元夫本人に聞いた話なのですが…。

f:id:metarumama:20200118144003p:plain

元夫には一人暮らしの経験がありません。

常にだれかと暮している状態だったようです。

その時の彼女や、会社の先輩、後輩、実家・・・・

家賃光熱費は自分で管理したことがありません。

 

私が一緒に暮らすようになる直前も、一緒に暮らしていた人(先輩男性)がいたのです。

あとから分かったのですが、その先輩との共同生活が成り立たなくなったので、

矛先が私に向いた・・・・のでした。

共同生活が成り立たなくなった原因・・・わかる気がします。

 

お金にだらしない元夫のこと、きっと家賃も相手に負担してもらっていたのでしょう。

 

常にお金を出してくれる誰かと暮していたんだなと思いました。

だから金銭感覚がルーズなのか・・・ルーズだから他人にすがっていたのか・・・?

まあ、今になって思えば元夫は、誰かに頼っていかなければ生きていけない人には違いないと思えます。

 

けれど、同棲が決まった当時の私は、戸惑いながらも同棲することにやや浮かれていたことも事実。元夫の本心・中身には気づかす、新生活に期待と不安を募らせながらも結局は楽しみにしていたので、せっせと部屋の片付けの手伝いもしました。

 

同棲前、私は5年間一人暮らしをしていました。

部屋はワンルームだったので、私の部屋に元夫が住み着くことはありませんでしたが、私の部屋がもう一部屋でもあったら、きっと元夫は居ついてしまっていたに違いありません。実際、よく元夫は私の部屋に泊まりには来ていました…。

 

 

では、一人暮らし未経験ですと何がいけないのか…。

 

金銭感覚が養われないことではないでしょうか?

 

元夫は収入=自分の小遣いという考えに近い人でしたので、生活するためのお金を区別しておくという考えには至らないのです。

当たり前ですが、人は生きていくためには食費以外にもお金の支払いもしていかなければいけません。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 税金
  • 保険料
  • 子どもがいれば教育費 などなど

最低限でもこれらは当たり前のように支払っていくものです。

 

ところが、元夫は食費や自分の趣味のためのお金、自分の顔を立てるための交際費こそは支払うものの、上記にあげたような当たり前に支払うべきものに関しては

『2ヶ月くらい遅れても普通だから大丈夫』

と謎の持論で支払いを渋っていました。

 

でも、ケチではなかったと思います。

ケチではなく、金銭感覚が病的レベルで異常なのです。

 

自分自身の税金や保険料ならば同居人もが困ることはないのでしょうが、家賃や光熱費などは同居人だって困ってしまうこと。これまでも何人の同居人が支払いをカバーしてきたのかはわかりません。

 

元夫はそうやって、人に頼りっぱなしで生きて来た人だったのです。