親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

元夫の名づけ法

一度言い出したら視野が狭く待ってしまい、他の意見を聞き入れることができなくなってしまう体質(笑)の元夫でしたが、この症状は子どもたちの名づけの時にも現れたのです。

 

 

上の子ちゃんの名づけの時

女の子ということもあって、元夫のこだわりがさく裂しました。

  • ひらがなにしたときに3文字であること(漢字にして2文字)
  • 最後に「み」がつくこと
  • ZARD好きなので、できれば「いずみ」がよいこと
  • とにかく俺が決める名前が一番だ

・・・・とまあ、こんな感じでした。

ここまでくると、「いずみ」で決まったように思えたのですが、この後、元夫は別の名前を(多分気に入っている)言い続け出し、もはやそれ以外にはありえないくらいの勢いだったため、現在の名前で決まったのです。

(このおよそ1か月後、わかる方はわかると思いますが「いずみ」でなくてよかった…と思う縁起でもないことがあったので、現在の名前に落ち着いてくれてよかったと思っています。)

 

下の子くんの名づけ

第2子は男の子でした。この時、元夫はほぼ無関心でした。

私に「自由に決めていいよ」と言わんばかり‥‥。

 

私がいくつか候補を出しても、生返事。

この時は、上の子ちゃんの方があれこれ一緒に考えてくれていました。

 

ただ1回、とある候補の名前を元夫に伝えたときに、

「親戚に1文字違いの人がいるから…なんかいやだ。」

と言われたことだけはありました。

けれど、漢字は何一つ一緒ではなかったし(苗字は一緒ですが)読んだときに音が1字違いというだけなので、私は気になりませんでした。

 

と、言うことでこのとある候補の名前をごり押しすることにしたのです。上の子ちゃんと共に…。

 

愛娘である上の子ちゃんにも「この名前がいい!」なんて言われたら、さすがの元夫も「NO」とは言えなかったようで、無事に名前が決まりました。

 

適当につけたような感じですが…

こうしてみると、何だか2人とも適当に名前を付けられたように感じてしまいますが、漢字表記は私が決めることができましたので、ここは私なりに考えて2人には同じ漢字を1文字ずつ使って共通点を作り、もう一文字は前向きな意味のある漢字を当て、名前を完成させました。でもきちんと読むことのできる普通の名前です。

 

 

でも、本来の名づけとは違いますよね

夫婦の間に子どもが生まれると、まず初めに名付けをすることになりますね。大抵は、夫婦で話し合ったり、夫婦の両親にも相談をしたり…とかなると思います。

子どもが生まれる前からワクワクしながら、「どうしようか?」なんて会話もすると思います。ところが、我が家の場合「2人で決める」「話し合う」ということができなかったように思います。

これは、元夫が私のことを「話すに値しないヤツ」と認識していたからではないでしょうか。モラ夫は、基本自分大好きなのです。自分以外は信用できない・(俺より)下の人間と見下しているのです。ですので、当然私との会話で「いい案が出るわけない」と決めつけていて、話を聞くことすらしてくれなかったのだと思います。もちろんこの当時はそんなこともわからなかったのです…。