親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

PTA広報委員会なのに 今頃カメラを購入しました!

小学校のPTA。今年度は広報委員会の副委員長です。

パソコン関係が苦手な委員長(友人)からの指名で副委員長になったのです。

 

 

 

広報委員会まさかのアレがない??!

さて、小学校の広報委員会、まず初めに驚いたことは、

広報委員会専用のカメラがない ことでした。

 

え??広報ですよね?取材しますよね???

f:id:metarumama:20190420075602j:plain

 

 

必要な写真は・・・

これまで、広報委員会の取材などで必要な写真を撮るときには、各家庭からデジカメを持参してきて行っていたようです。

驚きと、違和感がありました。

 

 

カメラを買う予算がないのか…?

委員長の仕事をサポートしていると、流れからPTA会長ともお話しする機会があったりします。私自身、あまり表立って行動するタイプではありませんが、会長の話から

「PTA会費の前年度からの繰越金が結構ある」

という話を聞くことができ、それなら

「広報委員会専用のデジカメの購入はしてはいけないのか?」

と話を持っていき、会長の「OK!!」許可をもらいました。

 

 

デジカメの購入を他の役員さんにも承諾を得ます

年に数回、学校長・教頭・PTA各委員の委員長、副委員長があるまり会議をする場があります。その場を借りて、広報委員会のデジカメをPTA会費からの購入をすることを周知、賛同してもらうべく、会長からお話ししてもらいました。

f:id:metarumama:20190420075901j:plain


 その場にいた方全員が賛同してくださったので、無事に広報委員会専用のデイカメを購入することができるようになりました。

 

 

見積もりを出します

今度の集まりの時までに、デジカメの見積もりを準備しておく必要があります。予算は10万円以内だそうです。一眼レフのちゃんとしたカメラを購入してほしいとのことでした。購入先はどこでもよいのです。ネットでも可。

 

今回私は、その購入するデジカメを探してくる大役を仰せつかりました…。広報委員長が「私わからないからよろしくね~。」と言ってきたからです・・・(;^_^A

もちろん広報委員長も巻き込んで探すつもりですが、私だってそんな良いデジカメを見立てる自信はありません。

そのデジカメを探してくる大役を任されてしまいました。

 

婚姻当時、私の元夫がニコンの一眼レフのカメラを持っていました。あんな感じのもので良いのかな~??

 

 

家電量販店で 

仕事が終わってから予算10万に合うカメラを求めて家電量販店に行くも、一眼レフのカメラは望遠レンズが5万~くらいします。思ったより高いなと感じました。予算内に収めるには、あまり選ぶ選択がないのだと思い知らされました。

予算と、条件に合うものは2種類ほどしかなく、念のため両方の見積もりをだしてもらうことにしました。

 

 

 PTA本部役員に見積書の確認をしてもらう

広報委員長経由でPTA本部役員(会長をはじめ10名ほど)に見積書と品物の写真を確認してもらいました。 皆さんに「良いと思う」と言ってもらえましたが、PTA会長から「他の色はないのか?」と聞かれました。

 

私が見積もりを出してもらったカメラは白色のものだったのです。同機種で他の色があったのかはわかりませんが、PTA活動の多くは女性のため、あまりごつ過ぎるのもどうかな・・・・・?と意見したところ、「まあいいか~。」と言う流れになったので、見積もりしてもらったカメラ代が出してもらえることになりました。

 

 

お金の管理はなぜか書記

我が子の小学校のPTAにはなぜか会計は存在しなく、書記が会計の役目もしています。そしてなぜかPTA副会長は6~7人くらいいます。なんだかよくわからない構造です。

まあ、それはそれとしまして、カメラを購入するにあたってお金が必要になります。立て替えて払うという方法でもよいそうですが、10万近く立て替えることもできませんので、先に書記からお金を預かりました。

 

 

いよいよカメラの購入

あとは、実際に購入して学校に持っていくだけです。

これから秋に向けて行事が多くあります。カメラの使用機会は増えてきますが、何とか間に合えそうです。

 

広報委員会専用のカメラ・・・やっと導入です。

 

 

最後に

今回は、学校のPTA広報委員会に専用のカメラを購入するまでの流れを書いてみました。そしてそんな大役を私が承ってしまったこと・・・一つの事件でした。

 

ですが、言い出しっぺの責任もありますので、今回任務を全うしたつもりです。これで広報委員の仕事が少しでも負担なくできるようになると良いと思っています。