親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

人生で3回しか高速道路を走ったことのない私が 高速道路を使って片道120㎞走り、県をまたぎました

今日の題名は長いですが…。そのままのことを記事にします。

 

目次

 

ことの始まり

夏休み…世の子どもたちは、どこかに遊びに行きたくてウズウズしています。我が子も例外ではなく、特に上の子ちゃんは「どこかに行きたい!!」と連呼していました。

そんなある日、とある番組で「豊橋動物園(のんほいパーク)」の特集が行われていました。それを見た上の子ちゃん、 ハイ 行きたいモード全開になりました。しかも、自動車で行きたいと・・・・・。

 

 

だけど私は運転が好きじゃない

我が家で運転ができるのは私のみ…。そりゃそうですよね。母子家庭ですもの。

そして、私は運転がそれほど好きではありません。通勤と買い物たま~~~~に市内の遊び場に連れて行く…。これで運転は充分…と思っています。

それなのに!!それなのに!!豊橋動物園まで自動車で連れて行けですと!!!!?

それは、無茶ぶりですって!!

 

 

予算の関係で…

我が家から豊橋動物園に行くには、新幹線か在来線か自動車の3択です。

  •  新幹線はお値段が高い(でも早い)
  • 在来線(通勤電車仕様)は時間がかかりすぎる(でも安い)
  • 自動車は運転が不安(でも荷物運びが楽)

 

これは悩みました…。お金に糸目をつけないのであれば断然新幹線を選択するのですが、お金はあまりかけたくなかったです。なので、荷物が運びやすい自動車で行こうと思いました。

 

 

自動車でどのルートで向かうのか?

実は以前、国道1号線をひたすら走って豊橋まで行ったことがありました。自動車専用道路も多いので、走りやすいのですがなにせ一般道なので交差点もありますし、信号もあります。

それに、一般道にもかかわらず高速道路並みのスピードで走る自動車も多く、正直恐かった記憶がありました。そのうえ、部分的に1車線になってしまうので、逃げも隠れも(笑)できなくなってしまい、後ろの車に勝手におびえながらの運転を強いられていました。

 

残るルートは、東名高速と新東名高速のどちらかを使う・・・・のです。

 

 

東名高速道路と新東名高速道路どちらが走りやすいのか?

ネットで調べてみたり、職場で詳しい人に話を聞いたりしました。

新東名の方が断然走りやすい!

 という意見が多かったです。

なので、途中(8割がた)まで新東名で行き、浜松辺りから豊川までの区間を東名で向かうことにしました。

(新東名が走りやすいと言われて納得した理由はのちに記載します。)

 

 

新東名で行くと決めたが、高速道路が恐い

高速道路が恐いです。普段からノロノロ運転の私にとっては、高速(100㎞/時 前後)で走ることも恐いですし、軽自動車で走ることも恐いです。そして、その軽自動車が耐えられるかも心配で恐いです。

もうとにかくすべてが恐いのですが、実は私自身の運転で高速道路を走ったことは人生のうち3回しかないのです。

 

1回目:高速教習

18歳仮免中です。教官を隣りにのせ、同じ車で運転を交代して高速教習を行う、もう一人の生徒をのせて教習所からの往路を走りました。この時代は東名高速しかありません。1区間ですが、距離としては20㎞くらいでしょうか?緊張した事しか覚えていません。

 

2回目:元夫を隣りにのせて

元夫と出かけるときは、私が運転することはまずありませんでした。それは、元夫は運転が下手にもかかわらず運転が好きだったからなのです。

ですが、そんな元夫が「俺が教えてやるからちょっと運転してみろ。」と恐ろしいことを言ったのでした。私は何度も丁重にお断りしたのですが、言い出したらもうダメな人でしたので、いやいやながら運転することになったのです。

ですが、PAからPAの間だけでしたので、距離はそれほど走ってはいません。

 

余談ですが、教えてやると言っていた元夫は、終始私に対しての文句ばかり言っていました。(恐い。下手くそ等)

 

3回目:子どもたちとお出かけで

おそらくちゃんと走ったのはこれが初めてかもしれません。子どもたちとのお出かけのため、泣く泣く走りました。新東名高速です。距離としては50㎞ほどです。

横風が恐く感じ、行きは高速で行ったものの帰りは国道1号線で帰ってきたのでした。

 

 

高速道路を恐れる理由がおわかりでしょうか…。

 

 

準備したもの

  • ドライブレコーダー
  • ドライブレコーダー録画中のステッカー↓

f:id:metarumama:20190813221832j:plain

 

これらは、今問題になっている 『あおり運転』対策として購入しました。

 

  • ガソリンは事前に満タン(笑)

 

心の準備

出発前に目的のI.Cまでの道順を頭に入れました

新東名のどこのJCTから東名に向かって走るのかをグーグルマップを使って予習しました。今回は、目的のI.C より先は道がわかっていたので、本当に高速道路のみの道順でした。

ただ、基本1本道なので、覚えることはJCT名くらいでした。

 

 

軽自動車が高速道路を走る際に気を付けることを様々なサイトから学ばせてもらいました

これは結構念入りに見させてもらいました。

が、乗り慣れた人からのアドバイスは多いものの、高速道路をあまり乗ったことのない人がどのように気を付けているかという情報にあたることはありませんでした。

基本、どちらの場合も気を付ける点は同じだとは思いますが、私としては

「高速道路に乗り慣れてないけれど、運転の不安はなかったよ」

という話を聞いて安心したかったのだと思います(笑)

 

ちなみに高速道路に乗る際の注意事項としては

  • 基本的には走行車線を走る 
  • 合流をスムーズに行う

 

周りの人に「高速道路と一般道どちらが安全か?」を聞きまくりました(笑)

これは、自身が安心したかっただけです(笑)

ですが聞く人みんな口をそろえて「高速道路の方が安全」と言いました。

なんで???猛スピードで走るじゃん!!どこが安全なんだよ!!

私は、にわかに信じられませんでした。

 

 

ホテルの予約を入れました

日帰りでも行けてしまう距離かもしれませんが、慣れないことをするストレスを少しでも感じにくくしたかったため、1泊で楽しむことにしました。(宿泊費がかかりますが・・・)

出発1週間前だったにもかかわらずホテルの空きがあり(しかも安い!!)見事準備をすることができました。

 

 

ただどうにもならない心配事も…

f:id:metarumama:20190518145454p:plain

渋滞

お盆期間中なので、高速道路も渋滞をするのではないかと心配しました。それでもあえてみんなが移動するであろう日にちを避けたつもりです。(8月12日~13日利用)

 

天気

雨が降っているのは勘弁です。ましてや大型の台風まで太平洋側から接近しています。さて、どうなるのか毎日週間天気とにらめっこしました。

 

 

実際に走ってみました

 今回はクレジット払いのため(ETCはついていません(´;ω;`)クレジットカードはすぐに出せるように準備をして、出発!!

通行券をもらうバーの前に来た時には大きなストレスを感じてしまいました。

「いよいよだな~。」

すでに手汗がひどいです(笑)

 

渋滞を少しでも回避したく、朝の6時半に出発。休憩を1回挟んで目的地に向かいました。

道路は混んでもいなく、大型車もそれほどいなく、とても走りやすかったです。

 

 

新東名高速道路は走りやすい!!

こんな不慣れな私が新東名を危なげなく走ることができたのには、道路のすごさにあると思います。

 

合流しやすい

多くのところでは2車線ですが、合流前後の何㎞かは必ず3車線になっています。普通に走行車線を走っていると、合流地点やI.C付近ではいつの間にか2車線目(真ん中)を走っていることになります。

これが合流のしやすさなのかもしれません。

合流後はそのまま走行車線を走り、真ん中の車線を走り続けていれば他の合流車の邪魔をすることもなく、追い越したい(速く走りたい)車の邪魔もすることなく、走行することができます。

左の車線に入っても良いのですが、途中で必ず幅員減少となるので、そのまま真ん中を走っていた方が車線変更も最低限になるため良いのではないかと思います。

ちなみに一番右の車線には1度も入りませんでした(笑)

 

加速車線がなが~~~~~い

加速が苦手な軽自動車にとってはとてもありがたいです。余裕に加速をすることができました。以前東名に乗ったときは結構加速を頑張った記憶があります。そして、早く合流しなければと焦ったのです。

ですが、新東名では加速車線が長いため、中間くらいで合流スピードに達することができました。

 

トンネルが明るい

昔ながらのオレンジの光ではなく、白っぽい光であることも良かったのですが、とにかくトンネル内が明るく、外との明るさの差が小さいことがありがたかったです。

1号線を走った時にはトンネル内外の明暗の差がちょっとしたストレスでした。

新東名では、このストレスはほとんど感じませんでした。

そして道幅も広いため、トンネル内でも窮屈感がありません。

 

道がきれい

新しい高速道路なので当たり前なのですが、道がとてもきれいです。凹凸もなく滑らかに走行できます。

 

案内標識が見やすい

これは新東名に限ったことではないかもしれませんが…。

とにかく、見やすかったです。

 

SAやPAがきれい

これも新しいからそりゃそうだよねという感じですが、場所によってはゴージャスなお手洗いもあるようで…。SA巡りも楽しめそうですね。

 

当たり前ですが歩行者や自転車がいない

以外にも神経を使うことと言えば歩行者や自転車の動き、交差点での他車の動き。特に自転車に乗っている人は急に道路側に飛び出すことが多いのです。

これらの心配をしなくてよいことは今回の運転には大きなプラス要素でした。

 

最後に

ドキドキした高速道路での1泊旅行。なんとか、生きて帰ってくることができました。そんな母のドキドキをよそに子どもたちは安心しきって寝ておりました・・・( *´艸`)

私は元夫の運転で安心して寝ることなんてできなかったので、(本当に怖い運転をする人でしたので)子どもたちの安心しきった姿にほっとしてしまいました。

 

今回は新静岡から豊川まで走ったので、空いていたのかもしれませんが、ほんの少しの小雨は降るものの、天気にも恵まれて渋滞もなくスムーズに行き来できました。

 

今回の移動距離↓(往復と現地での移動を含めて)

 

そして、愛知まではやっぱり新幹線で行きたいと思う私なのです。

(片道50㎞くらいなら新東名で行きたいですが…)