親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

珪藻土バスマットを買ってみました

珪藻土…初めはなんじゃそりゃなんて思いました。

 

珪藻土

白亜紀において海や湖に生息したプランクトンが長い年月をかけて堆積し、化石となった自然の鉱物です。珪藻土の表面には無数の穴があり、半永久的に自立呼吸をしています。消臭効果にも役立ちます。

乾燥性はとても早いです。

 

 

珪藻土のバスマットってなんだか便利そう…とかねてより思っていた私だったのですが、ついに購入してしまいました。

 

目次

 

これが珪藻土のバスマットです

パッケージ!!

 

洗濯不要、お手入れ簡単…ずぼらな私には購入意欲をそそられる一言です。商売上手だな~。

今回はDCMブランドの商品を購入です。

ちなみに実際の商品はこんな感じです。

 

サイズ展開

今回私はLサイズ(1200円ほど)を購入しましたが、売り場にはMサイズ(1000円ほど)もありました。Mサイズですと、一人暮らしの女性が使用するくらいがちょうどよいように感じます。男性や、家族がいて数人で使用する場合にはLサイズの方が良いと感じます。

 

色も3種類ありました。

アイボリー・ピンク・そして我が家が購入したグリーンです。

 

お手入れは

洗剤で洗うことはしてはいけません。洗剤に含まれる界面活性剤が目詰まりの原因になってしまうからです。目詰まりを起こしてしまうと、吸水力が落ちてしまいます。

吸水力が落ちてしまった場合には、サンドペーパーで表面を軽く削ると吸水力が回復します。

1週間に1~2回は、風通しの良いところでの陰干しをします。天日干しや暖房機での乾燥は割れる原因となります。

 

使用上の注意

  • マットの上で飛んだり跳ねたりしない。(お子さん注意ですね。)
  • 直接水やお湯を大量にかけない。
  • 浴室内に持ち込まない。
  • 色のついた水分を吸収した場合はシミとして残ります。

 

実際に使用してみました

マットに足をのせると、ひんやりとしました。この暑い季節には気持ちよく感じるのですが、冬場は同のように感じるのか…今から気になります。

お風呂上りにマットの上に立つと、なるほど!マットが水けをスーッと吸収していることがわかりました。写真は子どもが使用した後、数分した後のマットの様子です。

 

若干湿り気があるようにも感じますが、触ってみてもサラッとしています。

さらに数分すると、完全に乾いてしまいました。

 

最後に

まだ使用して2日ほどですが、吸水力も良いですし乾くのも早いので、とりあえずは不満がありません。色も私が好きなグリーンの商品があったので色合いも満足です。

 

今度、次にほしい珪藻土シリーズはコースターです。

ブログを書くときに、お供の飲み物を置くのに使いたいです。今現在もコースター(シリコン製)は使用しているのですが、せっかくならば珪藻土製のものを使用して常にコップの下がサラサラであってほしいと思っています。