親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

団地の納涼祭

本日、私たちが暮らしている団地の納涼祭が行われました。

心配していた天気も雨が降ることなくもってくれたことに感謝です。

 

団地の納涼祭は毎年役員さんたちが出店やらカラオケ大会やら出し物を考えてくださり、派手さはないけれど子どもたちが楽しめる内容で行ってくださっています。

 

 

 

 

子どもが楽しめるポイント

  • 各世帯の小学生以下の子どもには、無料でお菓子を配布してくれる
  • 子どもを対象のカラオケ大会や、和太鼓たたき体験を行ってくれる
  • 出店も子どものおもちゃやお菓子などたくさん用意してくれる
  • とにかくお年寄りが子どもに優しい(ありがたいです)

 

古い団地ですが…

築45年を過ぎた古い団地なのですが、小学校が目の前であることと、市街地まで車で10分ほどの好立地であるためなのか、若いファミリー層、小学生くらいの子どもたちの姿が多く、毎年役員さんも子どもが楽しめるように配慮してくれていることが実感できます。

子ども好きな方が多いのです。

 

 

早くから準備してくれていました

もちろん、事前からの準備もあるのですが、納涼祭当日となった今日朝早くから役員さんは準備をしていました。

飲食店の販売は16時からなのですが、14時には小学生をはじめとする子どもたちが外ではしゃぎ始めました。なので、お菓子の配布は早めの14時からにしてくれていました。

 

 

出店の種類

焼き鳥       1本50円

フランクフルト   1本100円

焼きそば    1パック200円

ジュース・アイス  1つ100円

缶ビール       1本200円

光るおもちゃ   100円~300円

子供向け遊びのブース  1回20円(安い!!)

 

 我が家は、20時過ぎ半額になった後に購入したため、さらに安く晩御飯をゲットしました(*^_^*)

 

カラオケ大会

カラオケ大会に出場すると、1回に限り一人500円分のクオカードをいただくことができます。もちろん我が子も出場しました。

 

団地内の6年生の子みんな(10人ほど)で、SMAPの「世界に一つだけの花」を振り付きで歌って踊っていました。振り付けは若干オリジナリティのあるものでしたが、あの名曲をSMAPをほぼ知らないであろう小学生が一丸となって歌う姿はなんだか『SMAP』のメンバーにも見てもらいたいくらいのものがあり、私は少し感動してしまいました…。

子どもたちの親世代(私も含めて)はSMAP世代ど真ん中なので、この時ばかりは周りのおかあさんもノリノリで盛り上がっていました。

 

 

とにかく子どもたちは楽しそうでした

団地の敷地内ということもあって親公認で友達と遅くまで遊べるという特別な日を子どもたちは楽しそうに過ごしていました。上の子ちゃんは、女の子同士おしゃべりに花が咲き、下の子君は近所のお兄さんと追いかけっこをして『汗かき大会』があったら、賞をもらえるくらいにびっしょりになっていました。

 

友達みんなで歌ったことも、とても楽しかったようです。

 

夏の思い出・・・のひとつになるでしょう。

 

 

後片付け

こちらも役員さんが行ってくれるのですが、上の子ちゃんは友達数人と「手伝う」と言うのでお任せし、私は下の子君と一足早く帰宅しました。

 

後片付け後の報酬

後片付けの報酬?として、助六寿司とペットボトルのお茶をもらって帰ってきました。

この報酬に大満足だった上の子ちゃんでした(笑)

 

 

最後に

実は私自身も団地の役員を3年ほど前にしています。この時夏祭りの係をした経験があるので、大変さはよくわかっています。朝早くから最後の片付けまで結構な重労働です。毎年持ち回りですが、今年度も役員の方には感謝しています。

新しい企画もありました。マンネリにならないように考えてくれたことも伝わってきました。次にまた我が家が役員になった時には、さらに盛り上がるような企画ができると良いなとも思いました。