親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

モラハラ夫は妹に目を付けた!!

我が家は、元夫によるDV・モラハラが原因での離婚です。本当に数々の試練がありました。今回はそのうちの一つのお話です。
私と私の妹は、モラハラ夫の勝手な思考のおかげで連絡が取れないようになってしまったのです。私にも落ち度があったあのかもしれませんが、婚姻当時まともな話し合いのできない元夫のことが本当に怖くて仕方ありませんでした。(まともな話し合いができないのはモラハラ加害者の特徴です。)
私が夫の意見に反して自分の意見を言おうものなら、一晩にも及ぶお説教&力で知らしめることが始まるのです。私には自分の意見を言う権利がありませんでした。
 
以上の条件下で暮らしていたことを前提に読んでください。
 
 
 

f:id:metarumama:20190715192549p:plain

婚姻時代。夫の無職が原因で我が家が極貧生活を強いられていたころ…。
 
 
私と、私の妹(腹違いですが)がひょんなことから頻繁に連絡を取り合うことになっていました。
 
妹が知らない間に我が家の近くの居酒屋でアルバイトをしていた関係から、食事に行ったり子どもたちと遊んでもらったり、社会人になってからの関係は悪くはなかったのです。
 
そこに早速目を付けましたモラハラ族の夫。
私はの普段の交友関係は、
 
「お前の友人はくだらん!!」
「あいつ(友人)とは(縁を)切ってしまえ!」
「母親なのに遊び歩く(遊び歩いてはいませんが)ことは許さん!!」

f:id:metarumama:20190415201934j:plain

 
などと言い、私の周りの人を排除したがっていました。
のちに知ることになったのですが、これも彼らの典型的な特徴なのです。
 
 
ところが、相手が私の身内(一応)となれば話が変わります。
 
 
 
普段は電話ひとつとるだけ(電話越しに他人と話すだけ)でイライラする夫が、
「妹ちゃんを大事にしろよ」

と、妙に優しい声掛けをするようになる。


夜に妹から呼び出されたときにも、

「俺が子どもを見てるから行ってこいよ」

と普段ならあり得ない発言。


他人を家に招き入れたくない夫が、

「妹を家に呼んでもいいよ」

と快諾。

 


と、私の友人ではありえないことを許可してくれたのです。
この時はちょっと戸惑いつつも、夫の許可をありがたく思っていました。



が・・・・。
これには、夫の思惑がありました。





妹と、まあまあ友好な関係を築いてきたころ、夫は私にこう言いました。



「妹ちゃんから1万でも2万でも金を借りてこい!!!」



"(-""-)"そういうことだったのか・・・・

要するに、初めから夫は妹を金づるにするつもりだったのですね・・・・だから、妹に対して妙に待遇(?)が良かったのですね…。モラハラ族恐るべし!


もちろん私はモラハラ族ではないので、始めは断り続けました。
妹とはいっても、私より一回り以上年下でもあるし(夫からしたら2周りも年下!!)私と同じモラハラ族親に育てられたこともあって、妹自身にも心に傷はあります。

そんな妹に追い打ちをかけるように『金貸して』なんてとても言えません。


ですが、そんなことで引き下がる夫ではありません。
連日、
「連絡とったのか?お前のことだからまだなんだろ?早くしろよ。」
「妻なら普通は、身内から金を借りることができるだろ!!」
「早く妹ちゃんから金借りろ!!!」
「早く!!早く!!金~~~!!!」

もうやばい奴ですよね…

毎日呪文のように言い続けます・・・。


そもそも我が家にお金がないのは、夫が働かないからであり、私は仕事をしているし、金遣いが荒いのでもなく、何の非もないはずなのです。

それなのに、私の身内(しかも超年下)からお金を巻き上げようとは、なんてふてぶてしい…。

そう思っていました。

ですが、ついに夫に負けてしまいました。

こんな内容の電話をかけるのはさすがに嫌だったので、メールで
本当に恥ずかしい話なんだけど、絶対に返すから1万か2万ほどお金を貸してほしい
と入れました。

これに対しての返信はなく、その後妹との連絡は途絶えました。


夫には、
「本当にメールを送ったのか?(メールを)見せろ!!」
と言われたので、その送信履歴を見せ、返信がないことも確認させ、何とか納得してもらいましたが、しばらくイライラした様子でした。


夫のせいで、妹との縁も切れてしまいました。
そりゃ、普通はそうしたいですよね・・・金貸してなんて言われたら‥‥。

こうして、モラハラ夫によって私の家族とのつながりも断たれてしまったのです。