親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

別居中の児童手当は誰が受け取っていますか?

離婚成立前の児童手当についてです。


そもそも児童手当は世帯主に入金されるものであり、その世帯主が夫であることが多いのです。その理由は、支給対象者という項目にあります。

 

 

目次

 

 児童手当の概要

支給対象者

中学校終了前までの児童を看護し、かつその児童と生計関係にある父または母のうち、生計を維持する程度の高い方が名義人として受け取れます。
要するに、稼ぎの良い方という意味ですね。
これで自然と父親が受け取りになる家庭が多くなるのです。


手当額

児童の年齢3歳未満・・・・・・・・・月額15000円(所得制限以上月額5000円)
3歳~小学生(第1子、第2子)・・・・月額10000円(所得制限以上月額5000円)
3歳~小学生(第3子)・・・・・・・・月額15000円(所得制限以上月額5000円)
中学生・・・・・・・・・・・・・・・月額10000円(所得制限以上月額5000円)


現況届

毎年1回6月に提出しなければいけません。
(自治体により若干の時期のずれはあるでしょうか?)

 

届け出しないといけないとき

f:id:metarumama:20190616064354j:plain

出生・転入した時
住所が変わった時
児童と別居した時、養育しなくなったとき
児童の名前が変わった時
児童が海外の学校に入学するとき
振込先口座を変更するとき
受給者が公務員になった時
市外に転出するとき
受給者のみ、児童のみが市外に転出するとき

 

モラ族・DV族の夫と暮している場合

児童手当は大抵は夫名義であるので

厄介なことになります。

 

モラ族・DV族のパートナーとの生活は、本当に大変なものです。

肉体的・精神的にとてもつらいものがあります。

 

そんな中でモラ族・DV族の夫との生活に嫌気がさすと、まずは別居という手段に出るでしょう。
この種族の人は、離婚の話し合いはまずできませんので、物理的に距離を取ることが正解になります。

 

 

別居するのであれば

別居するのなら少しでも収入が欲しいものです。
その手助けになるのがこの児童手当です。
(児童扶養手当は離婚後に支給される手当ですので、この段階では申請できません。)

 

ただし、子どもと一緒に暮らしていることが前提となります。

 

 

現段階の受取人はだれか?

ここで、問題発生です。児童手当の振込先が自分の口座であればそのまま手元に入るのですが、夫名義の口座であった場合、手当は夫のもとに入金されることになります。

 

なら、入金される口座の名義人を変更したらよいのでは?

と思うところですが、これは現口座名義人が手続きしなくてはならないようなんです。
そう、夫を連れて行かなくてはならないのです。話の分かる夫ならば問題ないのですが、モラ・DV族の方々はまず行きません。

彼らは別居することにすら納得いってないことも多く、自分が不利益(お金が入らない)になることは絶対にしません。

と、いうことは・・・・児童手当は少なくとも離婚が成立するまで夫のもとに入金され続けるということになってしまいます。それじゃあ困りますね。


本来なら児童と別居した時という項目にあたるので、申告しないとペナルティの対象とはなります。ですが、いちいち役所もそこまでは調べてくれないのが現状です(/_;)

 

 

では、DV・モラハラの被害者は泣き寝入りなのか?

 

夫名義の別口座に変更

口座名義人を変えるのではなく、名義は同じで別口座に変更することは本人不在でもなんとかなるようです。(ただし、夫名義の別口座が必要)


もしかしたらグレーな方法かもしれませんが、役所の職員に事情を説明すると手続きをしてもらえる場合があります。実際私はこの方法で夫の手元に児童手当が渡ることを阻止しました。

f:id:metarumama:20190309200812p:plain


 

 

方法はグレーかもしれませんが・・・

グレーな方法かもしれませんが、実際に子どもと暮し、生計を共にしているものが受け取ることは悪いことではありません。むしろ当然の権利です。

ただし、離婚を迷っている人にはあまりお勧めできません。
よりを戻した時に、さらなる火種と化す行動なので…。

 

 

まとめ

本来ならば、こんなチグハグなことになるような制度であってはいけないはずなのです。制度の概要自体は簡単に変えられるものではないのかもしれませんが、せめて支給される人が支給されず、支給対象でない人が支給されていたと発覚した地点で、遡って支給・返還されるように見直すべきだと感じます。

 

今回は、夫が加害者で妻が被害者として書きましたが、逆のパターンも存在します。もし、逆パターンの当事者の方は夫を妻に置き換えて読んでいただければよいかと思います。

本気でモラ・DV夫から脱したい方!この話が少しでも参考になれば幸いです。