親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

今どきの運動会(保護者編)

我が子が通う小学校の運動会が行われました。

上の子ちゃんにとっては小学校生活最後の運動会、

下の子君にとっては初めての運動会。

 

先週ほどの暑さはなかったにしても、天気が良かったこともあり、みんな汗びっしょりになって競技を行っていました。

 

今回は、この令和時代の運動会について書きたいと思います。

 

今どきの運動会(保護者編)

 

日よけのテント

まず、朝の6時半から子どもたちの応援席用のテント張りをPTA本部役員が中心となって行います。6時半ですよ…。大変です。

 

もちろん本部役員だけでは人手が足りないので、事前にボランティアも募りました。

ボランティアで手伝ってくれた家庭には、「優先で場所取りできる権利」が与えられます。

 

ですが、私は知っています…。

場所取りに一生懸命にならなくても充分に観覧場所があることを…。

なので、我が家はお手伝いには行きませんでした。

 

弁当作りもあるし、朝は忙しいから我が家では絶対無理!!ここは、お父さんがいる家庭にお任せします…。

 

開門時間

なんと、7時15分から一般の人の場所取りをOKしているようです。

運動会自体は、8時半からです。早すぎやしないか‥‥。

 

学校の目の前で暮らしている我が家からは、早くから大荷物を持った保護者の姿がたくさん見られました。みんな、早くから場所取りに向かっているようでした。

 

テントOK

みんなが早く向かうのには訳があったようです。

それは、日陰の場所を求めることはもちろん、今年は熱中症対策として保護者用のテントの持ち込みがOKになったことにあります。

テントを設置する場所を確保するべく朝早くから学校に向かっているようでした。

 

ですが、私は知っています…。

我が子が通う小学校、校庭周りに木が多く植えられているせいか、日陰になる場所が非常に多く、しかも児童数のわりに広い校庭なので、例年日陰の場所でも余るくらいなのです・・・。

 

我が家の場所取り・・・?

…ということなので、我が家は毎年場所取りはしません。

開会式後のラジオ体操が終わるくらいに行って、涼しい場所で過ごしています。

 

昨年まではそれでも、下の子君が保育園児で観覧側だったこともあり、レジャーシートで場所を確保していたこともあったのですが、今年度は私が一人なので、シートは敷かず立その都度見やすい場所に移動しながらの観覧にしました。

 

荷物

運動会と言えば、お弁当や水筒が結構かさばりますね。しかもこの暑い時期。

我が家では学校の前に住んでいることを生かして、

朝からお弁当を持ってはいかず、子どもの出番がない合間に自宅に取りに戻る作戦にしました。もちろんお弁当の時間には間に合います。

弁当も直前まで冷蔵庫に保管でき、荷物も最小化することで身動きが楽にもなるので、一石二鳥です。

 

お弁当はどこで食べる?

お弁当の時間のみ体育館も解放されます。もちろん外の日陰で食べるのも可です。

 

市内の学校でも、場所によっては子どもたちだけで集められて食べる学校や、保護者が運動会に来られない子を集めて別で食べるように配慮されているところもあるようです。

 

子どもたちの学校ではそういう配慮はなく、「親と食べる」の一択です。

 

 正面は来賓席・敬老席

1年生はかわいいダンス、6年生は創作ダンスがあります。

こういった演技物は本当は正面から見たいのですが、来賓席・敬老席であり、一般の保護者は正面からは演技が見られません。(強引にいけば正面近くで見ることはできますが…)

来賓、敬老の人にどれだけ児童の身内がいるのでしょう‥‥。
ほとんどが地域の人や近所の人なのです。
席を設けること自体は悪くはないのですが、一番見やすい1等地に児童とはほぼ無関係の人の席にしてしまうことに違和感はありました。

徒競走や競技についてはどの角度からでも見ることができるので良いのですが、演技については保護者席からは8割9割子どもの後ろ姿しか見ることができません。

これについては何とかしてほしいと思います。
どこの家庭もせめて演技くらいは正面から見たいと思います。
保護者席にも配慮した構成にするか、演技のみ正面を保護者席にするかの検討をしてほしいものです。

 

 

6年生は昨年のクレームから、組体操が無くなった!!

6年生の上の子ちゃんは本来であれば組体操をするはずでした…。
しかし、昨年の保護者から「組体操は危ない」とクレームが入ったようで、今年度は組体操と呼ばれるものが無くなってしまいました。

 

 学校側からの説明はない

このことについて学校側からは何も説明がありませんでした
上の子ちゃんは組体操が「やりたい派」なので、ものすごくがっかりしていました。
私もがっかりです。

保護者のごく一部(PTA本部役員)しか組体操をやらない理由を知らず、私も副会長をしている友人から聞いてはじめて知ったのです。



なぜ説明がないのか

6年間の集大成として、みんなで協力して一つのものを作り上げる…。

いいじゃないですか。それが無くなるなんて寂しいです。

しかも、クレームを出した人は昨年6年生の保護者です。

なぜ、学校側は今年度の6年生の保護者に問いかけをしなかったのか…?
不思議でなりません。昨年と今年の保護者の考え方が同じとは限らないはずです。



実際、周りの保護者は・・・

圧倒的に残念がっている人が多い印象です。
クレームを出した母親に批判する意見もありました。

 

実は2年から5年生はほぼ走るだけです

実は私は、子どもの運動会を見ていてあまり楽しいと思えないのです。なぜなら、1年生と6年生以外はほとんど走るだけだからです。

 

徒競走・リレー・学年競技 以上です。

 

応援合戦や、大玉転がしもあるのですが、わが子がよその子で埋もれてしまい全く見つけられないので、見ていても よその子の頑張りしか見られず、(なんだかな~~~)と感じてしまうのです。

 

だって、やっぱり我が子が見たいんですもの!

 

まとめ

子どもより親が張り切っている家庭も見られました。みんな我が子のがんばっている姿をいい場所で見るために必死のようでした。特に一番上の子が1年生の親が張り切っていました(笑)

 

場所取りは良いのですが、目の前の団地の駐輪場に自転車を止める人が多く、団地の人がとめられなく事態も起きていたようです。

学校側でも、駐輪場を準備しているので、決められた場所にとめてもらいたいですね。

マナーは守ってほしいなと思った運動会でした。