親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

ベテラン広報委員・・・

今回は、PTA活動で見かけた変わった人の話です。

 

 

今年度広報委員会で活動をしているのですが、

ひとりにぎやかなベテラン委員さんがいます。

 

先日の委員会の時も、彼女は妙に張り切っていました。

張り切ることは良いことですが、どこかずれているので、ちょっと困ります…。

 

  • 委員長が話しているときでも勝手に発言をする。
  • パソコンとプリンターをつなげて印刷すると楽だと言い続ける
  • 2~3人のチームでするべき仕事を「自分は一人でやった」アピール
  • 委員長の仕事を横取り。「わたしがおしえてあげる!」
  • 「3年前に自分が作ったマニュアル(紙面)がパソコンの部屋に貼ってあるから見ればわかる!」と言うものの、コピーしてくれますか?と聞くと、「見てもわからないかも…」と言う。←どっちですか!!!!
  • とにかくギャンギャンうるさい(おっと、失言!!)

 

 

不慣れな委員長が頑張って司会進行しているのに、横から口をはさみひとりギャンギャン言っている彼女…。不運にも私は隣の席です…。ひたすら我慢の時間でした。

 

仕事はできる人がいると、ものすごくありがたいです。

 

ありがたいのですが…。

中途半端に古い知識を持っている人

は、非常に困ります。

 

2年ごとに委員長も変わります。その都度、やり方も刻々と変化していきます。

 

彼女の場合は、自分が過去に行っていた方法を人に強要します。

広報委員会とはいえ、パソコン知識があまりなく、手書きで広報誌を作る人もいます。

「○○の方がやりやすいから、このほうが良いわよ!」

と強制されると困る場合もあります。

 

 

この日、一番多く発言したのは司会進行の委員長ではなく、このベテラン広報委員さんだったかもしれません…。