親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

こども VS 薬を飲ませる親

子どもの薬の多くは、溶けやすい粉薬であることが多いですよね。
液体のこともありますが、全てが液体薬で出ることはないと思います。

ですが、粉薬は苦手な子が多いと思います。

我が家でもだいぶ苦戦しました。
苦戦はしましたが、現在では難なく薬を飲んでくれます。
今回は、小さい子に薬を飲ませる方法をいくつかご紹介します。
f:id:metarumama:20190308200800j:plain


【目次】

乳児

スポイト・哺乳瓶の乳首

赤ちゃんの口に直接スポイトや哺乳瓶の乳首で与える方法があります。
水薬に有効ですが、粉薬も溶かすことでこの方法が使えます。ただし、時間がたちすぎると薬本来の苦みが出てきてしまうため、粉薬を溶かすときは素早さが必要になります。

団子状にする

小児科医に聞いたやり方です。
粉薬に対して有効です。薬を1~2滴の水でこねて小さい団子状にします。
赤ちゃんのほっぺの裏にこの団子を塗り付け、水分を取らせます。



幼児

お薬ゼリー(王道です)

おすすめは、色と味が濃い目の『ぶどう味』です。
我が家の下の子君は、これさえあれば ばっちりです!
スプーンに粉薬をのせて、そのうえからゼリーをのせて与えるだけです。

思い切って錠剤で飲んでみる

お子さんの嚥下の様子と相談になりますが、粉薬よりは飲みやすい子もいます。年長児くらいになれば飲めることもあるので、主治医に相談してみるのもよいですね。

お友達の薬を飲む様子を見せる

これは、強引な技です(笑)負けず嫌いな子には効果的です。
自分のお友達が粉薬を、大人が飲むように飲んでいたら「ぼく(わたし)にもできる!!!」と思いこんで案外あっさりと薬を飲めるようになったりします。
上の子ちゃんがこのタイプでした。

おわりに…

お薬が好きな子どもってあまりいませんよね。飲ませることに一苦労という方も少なくないと思います。
今回の記事で少しでも参考になれば うれしいです。