親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

自転車選び🚲

母子家庭になり、初めの4年ほどは自動車も買えず、自転車か交通機関を使っての移動をしていました。

 

我が家は緩やかな坂道をひたすら登ったところにあり、緩やかとはいえ長い坂道を自転車で登るというのは相当な体力を必要としました。

そのうえ、下の子君が未就学児ということもあって、自転車移動の時は常に後ろの席に乗っていたため、その分の負荷も相当なものでした。

 

初代の自転車は、ホームセンターで売られている安いものでした。

安いだけあって、軽くて運転しやすかったのですが、軽さ故子供を乗せたときに安定が悪く危なさを感じました。

そして雨にも弱く、あっという間にさびてしまいました。

パンク問題にも悩まされました。

 

 

2代(台)目に買った自転車は、子ども2人乗せOKの自転車でした。

 

↑こんな感じの自転車です。

この手の自転車には、ギアが付いていて漕ぎ出しもギアを軽くすることでふらつきにくくなります。安定感はばっちりです。前に子どもを乗せても、ハンドルがとられることもないです。

しかし、初代の自転車と比べると、作りが丈夫な分やっぱり重いです。平坦な道は何ともないのですが、坂道を登るとなると、ひざが笑ってしまいます。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

 

そこで、3代(台)目についに!電動アシスト自転車を購入しました。

前にも子どもが乗せられるタイプでちょうど、メーカーが安くしてでも売ってしまいたい在庫があった時に遭遇し、ほぼ衝動買いのような状態での購入でした。

 

この電動アシスト自転車に乗り出してからは、本当に体が楽になりました。

漕ぎ出しもひざにかかる力がかな~り楽になり、ひざの痛みから解消されました。

もちろん、漕ぎ出しから安定している分ふらつきは全くありません。

 

よく、「電動アシスト自転車は平地では無意味」ということを目にしますが、そんなことはありません。

 平地で使っても楽になります。

子どもと大きな荷物を乗せて走る、ママさんたちにとっても大きな助けになるアイテムです。もちろん坂道もすいすい登れます。

漕ぎ出しの安定感は抜群です!

 

片道5キロの道のりを3年間走り続けた私は、本当にそう思います。