親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

DV・モラハラ

DV・モラハラ元夫との離婚⑤【シェルター生活】

元夫が警察署から出てくると言われた日の前日、私たちは元夫と鉢合わせにならないために市役所で女性保護施設(シェルター)に入所する手続きをしてもらいました。 目次 女性保護施設に到着 シェルターってどんな感じ? シェルターでの一日の流れ 職員も人間…

DV・モラハラ元夫との離婚③【元夫が警察に拘束されるまで】

目次 離婚の意思が固まった事件 義実家へ避難する 警察署にて 元夫の身柄拘束まで 警察署から帰宅して 離婚の意思が固まった事件 義両親を交えての家族会議が行われた日の夜中、日付が変わろうとしていたころ、 「起きろーばかやろう!!!」 酒の力を借りて…

DV・モラハラ元夫との離婚②【子ども置き去り事件から保育園入園手続きまで】

好きになって結婚したはずの元夫でしたが、嫌いになるまでの時間はあっという間でした(;^_^A 同棲直後からお金に関しての感覚の違いが大きく、(私は堅実派、元夫は浪費家)入籍してからは元夫の他力本願なところが露になってきました。 無職であるものの、…

DV・モラハラ元夫との離婚①【まずは相談から】

単に仲が悪い、性格の不一致、けんかして嫌になった、ワンオペ育児だ・・・・などの理由だけではまず、離婚なんて考えなかったと思います。自分で言うのもなんだけど、私は結構我慢強いほうだと思っています。 とにかく今思っても、普通の生活ではなかったよ…

カウンセラーさんに教えてもらったDVと夫婦喧嘩の違い

離婚調停に向けて動き出したころ、私は人生初のカウンセリングを受けていました。 カウンセリング・・・・といっても、カウンセリングの専門の人(見た目は普通のおばちゃん おっと失礼)と1時間話をするだけです。 始めは、(こんなもんで何か意味があるの…

DV・モラハラをしていた元夫はこんな人だった!!

DV気質と呼ばれる人の特徴は、いろいろな本やネットなどで見かけますよね。 自分の元夫にもそれが当てはまるか、調べてみたことがあります。すると、8割9割は当てはまっていました。 では元夫はどんな人だったのでしょうか?ノンフィクションで振り返ってみ…

元夫の「自称シリーズ」一挙ご紹介

婚姻前の期間も含めると約13年の付き合いがあった元夫。 ですが、元夫のことを書こうとすると、何だか悪口しか出てきません…。私の性格が悪いのか?いやいや、元夫が私にしてきた仕打ちがひどすぎたため、私の元夫に対する思いが嫌いすぎて二度と会いたくな…

元夫は怒りの持久力が半端なかったです

モラハラをする人は、怒り始めるとその怒りは驚くべき持続力があるのです。 モラハラ族は体力があるんだな…と思った出来事です。 元夫は日常的に怒りのスキルを使っていました 元夫の怒りスキルは家の外でもいとも簡単に発動されます 元夫は日常的に怒りのス…

母子家庭として生きていくことを決断し、行動を起こした日

今回は、元夫から脱出するきっかけとなった日の出来事…。 私たち3人が新しい道を歩むことになった あの日の朝について書きたいと思います。 元夫と決別することにした朝 作戦決行の時を見計らう いよいよその時 夫からの着信 元夫の暴力について警察署へ相談…

私の元夫はいろいろとうるさい人だった【モラハラ夫の思考】

元夫のマイルール・・・というのでしょうか。 元夫の中で「こうでなくてはならない」という勝手な決まりごとがあり、その決まり事を私は守らなくてはなりませんでした。 このルールに反したことを行いますと、私には恐ろしいお説教のお時間(4時間~)が待ち…

母子生活支援施設で出会った人々

今回は母子生活支援施設で出会った、実在したママたちの実態に触れたいと思います。(あくまで、私がいたところの話ですので、よそでは全く違うかもしれません。そこはご了承ください。) 目次 隣人 始めは・・・ なぜか半同棲状態に・・・ 入り浸りママがバ…

元夫の名づけ法

一度言い出したら視野が狭く待ってしまい、他の意見を聞き入れることができなくなってしまう体質(笑)の元夫でしたが、この症状は子どもたちの名づけの時にも現れたのです。 上の子ちゃんの名づけの時 下の子くんの名づけ 適当につけたような感じですが… で…

元夫の思考がいまだに理解できない・・・

元夫に対して全く未練はないのですが、ふとした時にたまに思い出す元夫の言動。 今はもう恐怖感はないのですが、婚姻当時は理不尽な思いをしたり、元夫の考えが理解できず悩んだこともありました。 やらずに後悔するよりやって後悔するほうがマシ! 何でも言…

悪夢

数年前に離婚した元夫と再び一緒に暮らし始めることになった。 今、上の子ちゃんと自宅にいる。 下の子くんは一時的に保育所に預かってもらっている。 元夫は仕事に行っていてもうすぐ帰宅する。 仕事は(今のところ)きちんとしている。 だけど、モラハラは…

婚姻時代 我が家が極貧になるまでの記録②

www.metarumama.work ↑こちらの続きです。 目次 元夫、仕事を辞めてくる 正社員でも解雇になるの? 失業給付をもらう 失業給付の延長が認められた 失業給付の延長 延長期間もむなしく再就職することもなく給付期間終了 次なる作戦は社会福祉協議会の貸付金 …

婚姻時代 我が家が極貧になるまでの記録①

モラハラ元夫との婚姻時代。 何も初めから極貧生活ではありませんでした。もちろん元夫も入籍をするまでは若干亭主関白気味のところはありましたが、暴力・暴言といったところまではありませんでした。このお話はまた後日・・・・。ということで、今回は我が…

元夫の保育園選び

今を遡ること10年ちょっと前…。 我が家では保育所探し…いわゆる保活をおこなっていました。 とはいっても、 我が家が住んでいた地域は 保育所探し 激戦区ではなく、 比較的余裕のある地域でした。 私の中で候補に挙がっていた園は 、自宅 から最も近い園でし…

頼れる身内がいない私が夫から逃れるために県外に引っ越しした話

私は元夫と離婚をするために、生まれ育った地を離れなければいけなくなりました。 以前の記事にも書きましたが、元夫は①無職 ②金銭感覚がおかしい ③モラハラ・暴力 ④アルコール依存 と、一緒に暮らしていくことは難しい人でした。 子どもも2人いますので、子…

離婚するにあたって裁判所にお世話になった話【リライト記事です】

離婚するときにお世話になった裁判所での話を少し手直しした記事です。 ごくごく普通に暮らしているとなかなかお世話になることのない場所。 『裁判所』 実はちょびっとお世話になりました。 そう、離婚の時でした。 日本の離婚全体の90%は、当事者同士の…

私が離婚した理由

我が家では、お父さんという役職の人は存在しません。 正確には、数年前には存在していましたが、その役目を果たすことのないまま(私に(;^_^A)懲戒解雇(離婚)されました。 今回は、なぜ私が元夫との離婚を決意したのかの理由を書き綴りたいと思います。 …

【一言日記】意外と切れない縁

毎年、児童扶養手当の現況届を出すときに書きたくもないアレを書かされます。 書かなくては書類が提出できない。(させてもらえない) 忘れかけてた記憶がこの瞬間よみがえる・・・・。 できることなら思い出さなくてもよい記憶。 消去できるものなら消去し…

今更ながらに気づく 飲食店での元夫の座る場所

先日、職場で私と同じような境遇だった人(仮にAさんとします。元母子家庭その後再婚されました)と、家族で行ったときの飲食店での席の座り方について話しました。 実をいうと、私自身あまり気にしたことはなかったのですが、Aさんの今夫さんは 飲食店に行…

煽り男 モラハラ・DV、発達障害との共通点

各地で迷惑運転を行っていた、煽り男も身柄を確保されホッとされた方も少なくないでしょう。 このニュースは、あおり運転の怖さを象徴しているかのようなものでした。 始めの報道からだいぶ時間がたちましたが、まだまだ各テレビ番組やネット上ではこの話題…

元夫が勝手に仕事を辞めてきた話

今回は、元夫のとても腹立たしかった話を…。 上の子ちゃんが1歳の時から仕事が続かない元夫。ひどいときは1日だけ行ってやめてきた仕事もありました。とにかく、無職かとりあえず数日仕事をしてみるかのどちらかのパターンでした。(無職9:仕事1) ですが…

モラハラ夫は妹に目を付けた!!

我が家は、元夫によるDV・モラハラが原因での離婚です。本当に数々の試練がありました。今回はそのうちの一つのお話です。 私と私の妹は、モラハラ夫の勝手な思考のおかげで連絡が取れないようになってしまったのです。私にも落ち度があったあのかもしれませ…

【追記あり】モラ族はとにかく人を謝罪させたがる

モラ族(モラハラをする人々)という人種は普通の人には考えられない思考を持っています…。今回はそんなモラ族の生態について書きたいと思います。 目次 モラ族はとにかく説教が好きなのです とりあえず謝罪させる では謝っておけば大丈夫なのか? なんだか…

上の子ちゃん3歳で自家中毒と診断される

私がかつて結婚していた元夫は、とても面倒くさい人でした。 今回はその面倒くさいエピソードから起きた出来事を書きたいと思います。 目次 元夫、連日のように上の子ちゃんに聞いていました そんな面倒くさいパパから離れて暮らすようになって 上の子ちゃん…

自分はDV・モラハラ被害者か?

このブログを読んでいる人は、現在パートナーに対して何かしらの感情や違和感を持っている人が多いのではないでしょうか。 私もかつてそうでした。一つの例をあげると、 夫が起きている時間は基本 携帯電話を使用することができませんでした。 仕事場仕事場…

離婚調停した話

できることなら経験しないほうが良いのですが… 私は経験してしまいました。 『離婚』・・・。 私の元夫は、「結婚も離婚も紙切れひとつなんだからすぐにできる何ならいつでも離婚してやる!」が口癖の人でした。 ところが、私がいざ離婚を決意しても首を縦に…

別居中の児童手当は誰が受け取っていますか?

離婚成立前の児童手当についてです。 そもそも児童手当は世帯主に入金されるものであり、その世帯主が夫であることが多いのです。その理由は、支給対象者という項目にあります。 目次 児童手当の概要 支給対象者 手当額 現況届 届け出しないといけないとき …