親子3人でなんとなく母子家庭やってます!😳😱😓

離婚を経て母子家庭になって早数年。頼れる親族がいない中、子供二人とそれなりに楽しく生活をしています。そんな他愛のない日常のつぶやきです。

台風一過なのに PTA主催のお祭りを行いました

台風一過だった日曜日、小学校で予定されていたお祭りが一部内容を変更して行われました。

 

 

前日の土曜日に 大型で強い台風が直撃しました

前日の土曜日はPTAの役員が集合して、お祭りの準備を行う予定でした。しかし、「台風直撃」の予報であったため、前日金曜のお昼ごろ、『土曜日の準備は中止します』との連絡がありました。なので、台風通過時間帯は自宅にいることができましたが、台風による風雨の時間が長かったので大変なことにならないか心配していました。

と、いうのも昨年の台風24号では、小学校前の木が倒れ、それに伴う長時間の停電・断水が起こったからなのです。

 

今回の台風は、昨年のものよりさらに強いと言われておりみんなかなり心配していたのです。ところが風雨は強かったものの、停電・断水等の被害はなく、台風が過ぎ去った後は嘘のように風もなく、雨もやみ、道路に葉っぱや木の枝が散らかっている以外は何ら変わりない日常に戻っていったのです。

ただ、友人の話によると、団地内の木がばねのようにビヨンビヨンと揺れていて怖かったとのことでした。

 

 

翌日日曜日、「お祭り行います」と連絡がありました

当日朝、『予定通りお祭りを開催します。』と一斉メールが来ました。

台風が過ぎたとはいえ、

  • 近所以外の被害状況も把握できていないうちにこの決断は良いものだろうか‥‥?
  • 学区内で被害にあっている家庭が全くないとは言い切れない状況なのにお祭りを開催しても大丈夫なのだろうか?

そんな疑問を抱えはしましたが、PTA役員として向かわなくてはならないので、家を出る準備をしました。

 

ただし、前日に準備ができませんでしたので、お祭り自体の開催は1時間遅れのスタートとなりました。

 

お祭り内容

対象が学校に通う子なので、小学生が喜びそうなイベントを中心に行います。

  • 昔の遊び
  • 射的
  • 土団子(支援者が来られず中止)
  • ボーリング
  • スーパーボールすくい
  • バルーンアート
  • 飲食ブース少々  などなどです

 

我が広報委員会の仕事

一部の取材班の人は学校内を回り、お祭りの様子を写真に収めたり、インタビューをしたりしますが、それ以外の人は、射的のコーナーを切り盛りします。

遊びのブースは子どもに大人気です。常に大繁盛でした(;^_^A

広報委員会はどの委員会よりも人数が少ないのです。少人数の上、忙しいブースを担当するので疲労感が半端ないです・・・。その上、委員長と副委員長(私)は(人手不足のため)交代なしで最後まで作業なのです・・・。

 

 

救世主現る!!

ドタバタしながら前半が終わるころ、私たちの元へ救世主が現れました。

 

上の子ちゃんとその友達です

 

一通り回って満足したであろう子どもたちが自らお手伝いに来てくれたのです。

 

6年生の女子たちは戦力として申し分ないものです。大人と変わらない対応ができています!!受付・案内を安心して任せることができました。

その後さらにお手伝いしてくれる子が2人増え、私と委員長は後半戦かなり楽をさせてもらえました(笑)そして彼女たちは最後まで仕事をしていってくれたのです。

ありがとう~~~~~~☆感謝☆

 

ご褒美に、射的を順番待ちなしで遊べる権利を与えました(笑)

 

台風一過で気温が上昇 30分前倒しで終了

この日、日中の気温が32℃を超えたため、1時間遅れでスタートしたお祭りを30分短縮する措置が取られました。(なんだかややこしいですね💦)放送では『熱中症のリスクがあるため』と言っていました。

お祭り自体も終始混乱した中で行われている印象でした。

 

 

最後に

次の集まりの時にお祭りの反省を行います。

今回のお祭りに関しては、反省点が多そうだなと感じています。

 

上の子ちゃんにとっては最後のお祭りでした。本人は仲良しの友達と過ごせただけでも満足そうでした。お手伝いも「楽しかった」と言ってくれていました。

 

さて下の子君はというと…。

一人で好きに探索していまして、割りばしで作ったゴム鉄砲をもらったり、ネズミ型の風船をもらったりしてご満悦でした。